虫歯除去成分BLIS M18は虫歯予防の定番に

虫歯除去成分BLIS M18は今話題の子供用歯磨き粉。虫歯予防の定番になりつつあるBLIS M18について説明させて頂きます。
MENU

虫歯除去成分「BLIS M18」とは

「BLIS M18」という言葉を聞いたことがおありでしょうか?
一度口に入ると減ることはないといわれる虫歯菌(ミュータンス菌)ですが、実は「BLIS M18」というのは虫歯を減らしてくれる成分なのです!

 

世界中の子どものうち2%ほどは虫歯にならないのだそうです。2%=18億×2%=3600万人(2010年国連推計より)約3600万人の虫歯にならない子どもたちが持っている菌が「BLIS M18」なのだそうです。

 

「BLIS M18」の細かい粒子は、虫歯になりやすい歯と歯の隙間や奥歯の溝、歯周ポケットなどにも入ることができるため、歯垢を取り除くことができます。虫歯菌の餌になる歯垢を取り除くことで、虫歯になりにくい環境を作ることができるのです。

 

「Bacteriocin(バクテリオシン)」「like(〜のような)」「Inhibitory(抑制する)」「Substances(物質)」の頭文字を取った「BLIS M18」はは唾液に住み着く乳酸菌の一種(唾液連鎖球菌)で善玉菌です。もともと人間に住んでいるもの(母乳にも含まれるのだそうです)なので安全性の高いものですので、既にニュージーランドやアメリカなど各国で市販されています。

 

子どもを対象とした臨床試験でも口の中の虫歯菌と歯垢の差が100倍以上という結果が出たのだそうです。

 

良いことばかりがありそうな「BLIS M18」ですが、一つだけ注意が必要です。虫歯予防として最も知られている「フッ素」に弱いのです。「BLIS M18」は乳酸菌なので、発泡剤や殺菌剤に弱いのだそうです。使用直後にフッ素洗口などしないよう気をつけましょう。

 

口臭予防にも効果があると言われる「BLIS M18」、少しずつ歯科医の認知も増えてきています。(実際に口臭予防や治療に使う歯医者さんも出てきているそうです)
BLIS M18成分入りの歯磨きも市販されているので、虫歯予防に取り入れてみてはいかがでしょうか?

子供の乳歯を虫歯菌からガードしよう

親が気づかない間に進行する、子供の乳歯の虫歯は実にやっかいなものです。

 

先日の検査で大丈夫と言われて、安心してお菓子やジュースをあげていたら、
今度は急に歯が痛いと言い出し、あまりに急で困ったという親もいるそうです。

 

 

子供の乳歯の虫歯は、大人の永久歯のそれと比べてやっかいな特徴が多く、
わかって予防しなければ後々にまで影響してしまいます。

 

後々子供の発育や歯並び、顔の形などにも影響しますので、
どうせ抜けてしまう歯だからと考えず、親がわかって対応してあげましょう。

 

 

そのやっかいな特徴というのは、

●歯がかけやすいため、歯医者で詰め物をしてもすぐ取れてしまう

 

●また歯の隙間や溝から虫歯が始まりやすく発見しにくいところ

 

●虫歯の進行が大人の歯と比べて早い

 

などがあります。
また子供の歯磨きを親が代わりにやってあげることが多いと思いますが、

 

●むずがるのでちゃんと磨けていないケース

 

●歯茎が十分に強くないので歯磨きを痛がり、親も出欠を怖がって磨けないケース

 

 

という歯磨き上の問題もまた多いと言われています。
また、一日に5回も6回も食事や間食をしますので、
その分、口の中に食べかすが残りやすいという生活習慣から来る問題もあります。

 

 

永久歯が生える前に乳歯があちこち抜けてしまっていると、
永久歯は前の歯が無い、生えやすいところを目指して伸びていきますので、
きれいな歯並びになりません。

 

乳歯は食べ物を噛むだけでなく、
永久歯のための場所を確保する役割も果たしていますから、
歯が一本無くなるのは永久歯に、つまり一生に影響する大事な事なのです。

更新履歴
このページの先頭へ